Googleマップ上位表示サービス ism イズム

SEOよりも上位に表示され、PPCよりも安い!

1回払い切りパック詳細

MEOとは

MEOとはマップエンジン最適化の略で、Googleマップで上位表示をさせる技術です。
検索エンジンで上位表示させるためのSEOをご存じの方はピンとくるのではないでしょうか。

さて、現在このMEOが必要とされてきているのはなぜでしょうか。

今、MEO対策が必要な4つの理由

以下のような理由から、エリアサービスを展開している方には特に
MEO対策が重要になってくると予想されます。

PPC広告の高騰

PPC広告とは、GoogleやYahooの検索エンジン結果に出稿できる広告のことで、
キーワード広告やリスティング広告とも呼ばれています。
運用方法にコツはあるものの、上手に運用すれば費用対効果の高い広告です。

しかし、最近はこのPPC広告の利用者が増加したことで広告入札額が高騰傾向にあり、
キーワードによってはコスト負けしてしまうものが多くなりました。

例えば、1クリックの平均クリック単価が50円、
1日50回クリックされた場合は1日2500円となり、30日間だと、約75000円になる計算です。
商品やサービスによっては十分に回収できますが、キーワードごとにコストが必要になるので
仮に4キーワードの場合だと30万円ほどの広告費が必要になってきます。

そのため、PPC広告の費用対効果を上げるためには、専門的な広告運用技術が必要になってきているのが現状です。

Googleマップの掲載箇所の変更

Google検索をした場合、以前は地図枠として別の場所に表示されていました。
しかし、ここ最近になり、ユニバーサル検索という表示形式が導入され、
地図や画像や動画などキーワードに関連するものであれば同一ページに表示されるように変更されたのです。
下記画像のように、自然検索の一番上に表示されるため、ここ経由でアクセスが増えている状態です。

掲載位置イメージ

スマートフォンの需要が急拡大

ここ1年ほどはスマートフォンといえばiPhoneばかりでしたが、
最近ではドコモ、au、softbankなど各キャリアがスマートフォンに力をいれてきています。
このまま進めば2011年には携帯電話の利用者がごく自然にスマートフォンに乗り換えていく流れが想定されます。

そして、知っておいて頂きたいのはスマートフォンでインターネット検索をすると、
パソコンでの結果と同じものが表示されることです。
※下記動画で表示状況の確認ができます。

スマートフォンで『横浜 イタリアン』と検索した場合の上位表示例

検索結果には、電話番号が分かりやすく表示されていたりとスマートフォン独自の利便性が採用され、
電話で予約や問い合わせを受ける業態(居酒屋などの飲食系、美容院やネイルサロンなど)は
非常に心強い状態になっているのが分かると思います。

つまり、Googleマップで上位表示されると、パソコン・スマートフォンの両方からアクセスが来ることになります。

検索キーワードと検索結果の親和性が高い

「地域名+サービス名」という目的意識と場所が非常にマッチしたキーワードで
アクセスが集まると問い合わせ率や申し込み率がアップします。

(キーワード一例)
「渋谷 ラーメン」、「青山 フレンチ」、「品川 居酒屋」、「横浜 学習塾」、「世田谷 ネイルサロン」、
「新潟 行政書士」、「仙台 ダンススクール」、「茅ヶ崎 美容院」、「横浜 焼肉 食べ放題」

『横浜 イタリアン』 と検索するユーザの気持ち。それは・・・『横浜で美味しいイタリアンが食べたいな。トマト系のクリームパスタか薄焼きピザが食べたい』『世田谷 ネイルサロン』 と検索するユーザの気持ち。それは・・・『明日は彼氏とデートだし、職場から近い世田谷のネイルサロンに行こう』『新潟 行政書士』 と検索するユーザの気持ち。それは・・・起業するから会社設立したいんだけど地元で評判の行政書士はいないかな!?』

このページの先頭へ